基本情報技術者

ITエンジニアになる登竜門

基本情報技術者はコンピュータやネットワーク、プログラミング言語などに関する内容の経済産業大臣が実施した試験に合格した者のことです。

IT関係の仕事に携わっている人や、これからIT関係の仕事をしようとしている人にとってはこの資格を持っているかどうかということが非常に重要です。

基本情報技術者の資格を取得済みであれば、IT関係の仕事をする上で基本となる知識がある程度身に付いているものとして扱われることが多いためです。

大学や専門学校などで情報工学を学ぶところでは、基本情報技術者の資格を取得するように勧められるケースが多いです。

ただ、幅広い知識が必要になることから、大学や専門学校に在学中に基本情報技術者の資格を取得する人は少なく、社会人になってから取得する人の方が多い傾向にあります。

基本情報技術者の資格を持っている場合には資格手当が支給される会社も多いことから、IT関連の仕事をする人にとってはぜひ取得しておきたい資格です。

 

入社後に取得しなければならない会社もある

基本情報技術者の資格を保有していれば、ITに関してある程度の水準の知識や技術を持ち合わせているということを示すことができます。

そのため自己啓発として取得したり、履歴書の資格欄に記載するために取得する人も多く見られます。

特に他業種からIT関連企業へ転職をする際には、基本情報技術者の資格を持っているとかなり有利に扱われます。

新卒の場合には基本情報技術者の資格を持っている人が少ないことから、情報工学を専攻した人であれば有資格者でなくてもIT関連企業へ就職することはそう難しくはありません。

一部の大手企業では資格取得者しか採用しないというところも見られますが、大多数のIT企業では新卒時点で資格を持っていなくても採用されます。

そして、そういった場合には、入社後に基本情報技術者の資格の取得を求められるケースが多いです。

基本情報技術者の資格保有者が多いことで、企業の技術力をアピールすることもできるからです。

資格取得を目指す社員も、取得できれば資格手当が支給されることなどから大きなインセンティブになります。